この本は読み易いよブログ。

本の感想です。読解力が人並みなので、読み易いものが好きです。忘れないようにするためのメモなのですが、興味がある本は参考にして下さい。たまに映画の感想も。カレーがあれは幸せです。

ラプラスの魔女

東野圭吾さんの作品。

 

 

 

 

最初少し展開について行きずらいんですが、200ページあたりにいくまでにはだいたい理解できるようになり、そこからの読むスピードはどんどんとあがると思います。

 

 

 

 

読みづらいのは登場人物と描写がコロコロと変わるからです。でもそれも真ん中あたりにはちゃんと理解できると思うので、最初の方は根気よく読んで下さい。

 

 

 

 

本を読むのが得意な方は、最初から読みやすいと思います。ボクが少しずつ読むタイプなので、少し混乱しただけです。

 

 

 

 

最近の東野圭吾さんの作品だとアタリの作品だと思います。

 

 

 

 

続編が気になる。